読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやごころ かみごころ

金光教の教会で御用させて頂く日々の中で感じた神様の話

心配する心で

「日々がさら」
つまり 一日一日が新しい
というみ教えがあるけれど

わたしのような凡人は
毎日毎日
自分の信心のモチベーションの
浮き沈みがある
毎日同じ心でというのが理想だが
神様に向かえる日と
そうでもない日と
まったく背中を向けてる日と
なんとなく
ななめ45°の日とある
昨日が満点だから
今日も満点とはいかない
今日になると0点だなと思う時もある

一日でまるで違う

なんとあてにならない自分の心だろう(笑)


我が子をみてると
今日はとても言うことを聞ける
「よいこ」な日もあれば
まあまあな「ふつうなこ」の日もあり
まったく言うことを聞かない
「わるお」な日ももちろんある

親としては
どの日もまったく安心というものがない
わるおはもちろん心配だし
普通は普通で
もっとよりよくなって欲しいと
願わずにはおれないし、
よいこはよいこで
無理をしてるんじゃないかと心配になる

神様はわたしたちの親様だから
きっと同じような心持ちで
おられるに違いない
そしてきっとどんなときも
祈ってくたさっている

だからわたしもこどもたちに
祈りをかけてやらねばと思う

今日も心配する心で信心させてもらおう