おやごころ かみごころ

金光教の教会で御用させて頂く日々の中で感じた神様の話

願う矛先は自分

 


f:id:fonwaka3:20190521131125j:image

 

長女は今日から関西方面に修学旅行に
出かけて行った

 

とても楽しそうに
そして興奮気味に?
準備する長女を見ながら
色々感慨深かった

 

今日は長女のことについて
これまでの経過のことも含め
書いておこうと思う

 

小学3年生の時に
場面緘黙(ばめんかんもく)と
診断された長女も今は
中学3年生にならせて頂いた。

 

今年から受験生だが
そんな自覚はまだ薄く。。
だけども、
毎日元気に登校させて
頂くおかげを頂いている

 

 

小学校卒業と同時に
場面緘黙の専門医のカウンセリングの方も
一旦卒業という形になった


とはいえ、
緘黙が「全快」した訳ではないので
これからの多感な時期を
今のまま乗り越えることが出来るか
親としては正直心配は尽きなかった

でもカウンセリングの先生の
特別な支援をしなくても
きっかけさえつかめば
出来るところまできている
との言葉も頂いたこともあり、

親としては
中学校の担任や部活の先生には
場面緘黙への理解と
本人の思いを必要なときに
代弁することはさせて頂きつつ
それ以外の特別な支援はお願いせずに
本人にあえて任せることにしてきた。

 

 

ということで小学生の頃よりは
少し放任気味?な中学校生活。

長女の心と言えば、
やはり私をあてにするところも
たまに見受けられたが、
今年からはあえて頼らずに
ということを
本人が自覚しつつあることは
とても有り難いことだと思う。

それは何より
日々、学校の先生やクラスメートをはじめ
部活の仲間の理解を頂けてのことで
ある
長女の話からもとても恵まれた環境に
おらせて頂いているんだなということが伺える
それはもちろん神様のご都合お繰り合わせを頂いてのことだ。

 

 

最近の長女は
進路について
ある程度明確な意志を持っているようだ。
「これまでの話せない自分のことを知っている人が誰もいない学校に行きたい」
らしい。
これは「逃げ」ではなくて
本人の「変わりたい」という心の変化でもあると
わたしは思う。

進路といえば
先々の進学や就職を見据えてという選択方法もあるが

こういう基準で考えるのも悪くないと思う

こんな感じで長女自身の中に
「変わりたい」と思う心が芽生えると
同時に
母である自分の心もおかげ頂いてきたんだ
と感じるこの頃である

 

以前はなんとか長女が
話せるようになって欲しいという
思いと
将来への心配の方が強かった自分だが
今は長女が「話せない」とか

「話せる」という
目先のことではなく、
長女自身が日々いそしむことが
出来ていることを親として喜び
また、この子にかけられた
神様の思し召しに沿わして
頂く生き方が出来ていくということが大切だということ。
そして
それを願わせて頂けるようになったこと。

さらには、長女がそうならせて頂けるように
まずは親である私自身の心の成長を
自分自身が願えるようになったことだ

つまり問題の矛先はいつでも「自分の心」
ということになった
そういうことに
今さら気がつかせて頂けた

 

さて修学旅行のお土産は何だろう?
ミニオンハリーポッターか?!
いやいや、母が一番楽しみなのは
いつもながら経緯の説明がまわりくどい

「土産話」だ(笑)

 

とにもかくにも

みんな無事に全日程を
終え「よき思い出」とともに
帰ってこれますように(祈)

御用うら話


f:id:fonwaka3:20190404154955j:image


去る2月初めの頃、
ご本部で御用されている
同期のT先生からお電話を頂いた

春の大祭の朝の集会
講師の御用依頼の電話だった

その時点ですでに

同日に典楽の御用が決まっていて
スケジュール的に大丈夫かなと思ったが
典楽会支部の先生に伺ったら
差し支えなしとのことだったので
講師の御用を受けさせて頂いた。

教団では

今年、立教160年という大切なお年柄。
それに加えて
うちの教会の初代教会長先生の100年と
私の祖父で三代教会長先生45年の式年というお年でうちの教会としても大切な節目

 

こういう意義深い年に
講師の御用にお使い頂くということは
まさに気の引き締まる思いであったし、
同時に鳥肌が立つ思いがした
と、いうのも、、、

 

今年はある御霊の20年ともなる年で
今年もし何かしら講師の御用依頼があれば
その御霊についてのお話をさせて頂きたいと
昨年親教会でお取次願っていたからだ

その御霊のことはずっと心の奥深くに
しまっていたのだが、
数年前に
うちの連合会の信奉者集会に
講師でお越しになったK先生の講話を
拝聴したことをきっかけに、
いつかその御霊のことを話し、お役に立てたらいいなあと思うようになった。
K先生にもその集会の帰り道、自分の今の気持ちを聞いて頂いたのだが、喜んでくださり、ぜひおかげを頂いてと励ましてくださった。

 

集会から数ヶ月のこと。
ご本部でK先生とお会いした。

その時に何故か同期のT 先生とバッタリ会い、3人で立ち話をする形になった。

K 先生は、
「今度、信行期間の朝の教話の御用をさせて頂くのだけど、あなたのお話(K 先生の講話を聞いていつか、ある御霊の話が出来たらいいなあと思わされたということ)をさせて頂いてもいいかしら?」

と訊ねられた。
私は二つ返事で了承させて頂いた。

 

ご本部のHP でそのK 先生の教話を

後日聞かせて頂いたが、

改めてこのことをいつか実現させて頂けたらいいなと思わされた。
しかし、その時の私は、

その実現はまだまだ先だと思っていた。

 

ところがよくよく考えてみると
今年がその御霊の20年の式年であることに

気がつきこの節目に是非おかげ頂きたいとの

気持ちにいつしかならされていて、
昨年末、親教会にお取次願った。
事情をよくよくご存知の親先生は
「無理はせんでいいよ」

とお気遣いくださった。

 

そして、2月T先生から依頼の電話を頂き
思わず鳥肌が立ってしまったという訳だ。

 

まだまだ実現は先だと決めつけていたので
その御霊について何をどう話せばよいか、
その時点では皆無だった。
親先生も無理はせんでよいと仰ってるから
ここは、無難にその話に触れなくても

よいかもとも思ったが、とにかく原稿を

作らせて頂いてから決めようと思った。

取りかかってみると
原稿の作成は思いのほか

精神的に辛い作業だった
一時はかなりブルーになり、
他の御用が手につかなくなる時もあり
何度も止めようと思ったが、
なんとか形にしたい

という気持ちも負けじとあり、
ぼちぼちと原稿を書かせて頂いた。


すると
昔の出来事の点と点とがつながっていき、
そのうちにわたしの頂いてきた
おかげの道筋がはっきり分からされてきた。
そして、出来上がった時には
改めて
「おかげ頂いての今」

であることを改めて実感し、
ぜひ話させて頂き、お役に立たせて頂きたいと思えた。

 

いよいよ当日の朝、
不安と緊張で早く目が覚めてしまった私に
いつも典楽でお世話になっているO先生が
朝一番で御神米を頂かせてくださった。
それを頂き
神様がついてくださってるから大丈夫だと
思わされた。

 

無事本番は終わった。あっという間だった。


その後、典楽の御用の準備をさせて
頂いてたときに
同期のT先生がわざわざ訪ねてきてくださってお土産をくださった。

 

すべて御用が終わり
教会へ無事帰らせて頂き
T先生からのお土産をご神前に
お供えさせて頂きながら
改めて様々な方からのお祈りぞえを頂いたことを御礼申しつつ、
お役に立たせて頂きたいと御用に臨んだけど
「自分自身が一番おかげを頂いたんだなあ」
と思わされた。


と、いうのも
昨年末と2月に信者さんが
相次いでお国替えされた
一人は癌の闘病の末、50代で、
もう一人は私が産まれる前から信徒総代を
されている、教会の要の方ともいえる方だった
お二人ともおかげを頂いてのことだったけど
正直寂しさは拭えなかった。

だからなおさら
今回の御用は
「悲しみに溺れずにガンバレ」との
神様からのエールと感じた

その神様のおはからいに
改めて御礼申さずにはいられない。

 

もちろんホッとしている場合ではなかった
またここから、リスタート。

 

ちなみに今年初めに頂いたみ教えは
「真にありがたしと思う心、すぐにみかげのはじめなり」

だった

 

また、ここからの茨の道を

元気な心で進ませて頂きたいものだ

 

 

追伸

おかげ頂き
ブログを更新する暇がなかなか取れません
けどもこれからもボチボチと続けていきたい
と思います。

妥協と思い分け


f:id:fonwaka3:20181209161031j:image

 

気がつけばもう師走

今年もブログのほうは あまり更新が出来ずじまいだった。

実生活では 今年は例年に増して色々なことが起きた年だったし よく動かせて頂いた年だった

昨年教会の100年祭を無事に終わり

ホッとしたのもつかの間で  

今年の年頭頂いたみ教えは

「打ち向かう者には負けて時節に任せよ」 だったので 一体誰が打ち向かってくるのだろうと 戦々恐々な気持ちでいた。

 

実際に打ち向かってくる者、また事は

思いの外沢山いて、或いはあって

昨年一歩進んだかに思えた自分の信心も

今年は二歩くらいは下がった心地もしている

 

大ざっぱに振り返ってみる

 

年始には母方の叔母がお国替えした。

 

春の御本部大祭の前夜では 先輩方のご配慮を頂き初めて親箏をさせて頂いた

 

独居となった叔父は街の方へ引っ越した

舅が怪我を負って入院した

 

夏には小6の長男の反抗に悩まされ

秋には次男が喘息の発作で入院し(おかげ頂き元気にならせて頂きました。)

 

その後には父の20年祭をお仕え出来た

そして冬になり

舅が再び倒れ只今入院中(おかげを頂き日に日に快方に向かっています)

 

一方で 今年は昨年に増して連合会や教区関連の御用にお使い頂くなどして

忙しく御用の日々を 過ごさせて頂いた

 

そんな中で師走に入ったつい先日

ある二人の方の思いを知ることとなった

詳細を書くのは差し控えさせて頂くが

そのことで「思い分け」について考えさせられた

 

思い分けというのは

自分の中では たとえ自分の願い通りのおかげを頂けなかったとしても、どこまでも信心で受けていくことであると思う。

ただそれを信心が分からない人には「妥協」したと見えるのかもしれない

「この方の道は話をきいて助かる道」とみ教えくださっているが

話を取り違えるということはよくある

 

教祖さまは神様からの(ある意味理不尽な)お試しに対して「思い分け」しておられるご事跡がある。

その部分を拝読させて頂くと

「神様は決して氏子の身の上に無駄事はなさらない」

という教祖さまご自身の神様への絶対的な信頼が伺える。

それは疑いのない、真っ直ぐな心

「思い分け」はおかげの世界

一方「妥協」というのは「あきらめ」の境地

 

似て非なるものだ

ここは信心を深めていかなければ

分からないところだろうと思う

 

奇しくも先日 教区の青壮年教師セミナーで 「大切にしていくもの」というテーマでパネラーとして発題させて頂いたが

そのとき「真心(真、真一心)」ということについて思うところをお話させて頂いた。

神様に向かう心のありようが

この「真心」かどうかが鍵のように思う。

 

来年からは改めて自分自身「真心しんじん」を持って 改まりのおかげを 頂きたいと願いを新たにしている。

 

最後に 来年はもう少し更新したいと思う(涙)

思春期 VS 更年期



皆様

暑中というか
酷暑お見舞い申し上げます。。。

 

 

夏休みに入り
夏バテしている場合ではなかったのだが
連日のこの暑さは正直身にこたえる

西日本豪雨の被災地の方々のことを
思えば何を甘っちょろいことを。。
と自分でも思うけど。。

 

最近実は心身ともに不安定です!
(威張って言うことじゃありませんけどねえ(^^;))

特に不安感が強く
焦るばかりで事が進まず
気持ちに余裕がない
昔のうつ病が再燃?
いや、年齢的に更年期だから?


かかりつけの病院が内科だけど
女性の先生なので相談してみようかと
思いつつ、ここ丸2日は何もする気力が
出ないままだった。

原因は分からない不安感
でもその一因と思い当たるなかに
長男のことがあった
 
長男は小6
ここ一年くらいの間に
急に背が伸び
声も変わり
わたしに対して反抗するようになってきた

呼んでも返事はなし
挨拶もなし
あれこれ干渉すれば「うるさいっ」

そうです
いらっしゃいました
「思春期(反抗期)」のご到来!

順調に成長させて頂いている

と、頭では分かっているのだが
母親のわたしの心が長男の急成長?に
ついていけていない
情けないことに。。

 

自立心の芽生えはじめた思春期の息子
      VS
もっと大きい心で包み込みたい
でもそんな余裕なしでヒステリック更年期母(^^;)

カーン!

 

実は今年の初めの福引きで引いたみ教えは
「打ち向かう者には負けて時節に任せよ」
だった

 

打ち向かう者って長男だったのかー

そして母が負けなきゃならないのだな。。(;_;)なんか納得できん。。。

 

とはいえ

昔わたしも親に随分と反抗して

心配かけたもんなー


これもきっと末のおかげになるさー

 

と、まあごちゃごちゃ考えすぎて
調子悪そうなわたしを心配してくれた
長女と次男が

今日は
台所の片付けやら洗濯干しやら
夕飯のカレーライスを
作ってご馳走してくれるやらの
親孝行ぶり
(あ、長男は知らんぷりです)

 


f:id:fonwaka3:20180807211258j:image

大鍋一杯のカレーに
こんだけの量一体どおするんだ?!と
気になりつつも(笑)
工程になぜか二時間もかかった力作の?カレーのおかげで少し元気になれたかな

こどもたちに一喜一憂させられっぱなしの
この頃

 

人生山あり谷あり

ハアー、元気出さなきゃだ

助かりのための練習帳


f:id:fonwaka3:20180601120743j:image

 

一昨日と昨日
教区の会合に泊まりがけで参加させて
頂いた

頂いている役目上欠席はしたくなかった
しかし家事等のことで
当初は泊まるつもりはなく
一日目に一旦帰って
翌日また出直すつもりでいたが
思いがけず主人の方から
「そんな無駄なことをせんでも泊まってきたらええやん?」
と言ってくれたので
遠慮なくそうさせて頂くことにした。
さらに
そのことを知った主人の母がこどもたちのことや食事の準備等していくのが大変だろうからとわたしの留守中泊まってくださることにもなった

 

家族の心を通して神様が
「しっかり研鑽してきなさい」
「お役に立ってきなさい」
と働きかけをしてくだっていることを実感した

2日にわたっての会合は無事に終わり
帰路についた。
新幹線のなかで
晩御飯のメニューをあれやこれや考えていた

駅につくと
その日会社が休みだった主人が
長男と一緒に車で迎えにきてくれた

うれしい!有り難い!もったいない!
そんな気持ちで帰ってみると
台所にはコロッケやら唐揚げのお惣菜
炊飯ジャーには炊き込みご飯が炊かれていた

 

至れり尽くせりである

 

それを見てわたしは
「やったー。今日は晩御飯簡単でいいやー」
と得した気分にヤレヤレと思った

そして

簡単なおかずを少しだけ作り
お惣菜と炊き込みご飯と共に食卓に並べた

 

ところが食事しながら
主人の機嫌があまりよくない
なんだかグチグチとイヤミっぽく言うのだ

 

会合も無事参加でき
せっかく有り難い気持ちで喜んでいたのに
そんなん言わなくても。。。とか
疲れて帰ってきたのに。。とか
わたしの心の中にもたちまち
不平不足の雲がモヤモヤと立ち現れ
喜びの心

感謝の心が一気に隠れてしまった

後で知ったが

コロッケやら唐揚げやら
簡単に出来るおかずの材料は主人の母が
用意してくれたものらしい
きっと
疲れて帰ってきて晩御飯作るのは
大変だからと思って用意していて
くれたに違いない

そして炊き込みご飯の方はレトルトのものに
少し野菜を加えて主人が炊いたようだ

 

落ち着いて考えてみると
わたしは
主人や主人の母の真心に甘えて
思いっきり
ぶら下がってしまってたなあと思う
そんなわたしの甘え心が主人を不機嫌にさせたのだ

 

「わが身わが一家を練習帳にして神のおかげを受けて人を助けよ」
とみ教えがあるけれど
一番近しい家族というのは
わたしの本質をよく知っている存在
である 
わたしにとって家族との間のことは
どんなこともみな

「わたしの助かりの道しるべ」だ

ところが
こうすればよいと
頭で分かっていても
なかなかその通りになぞれない

家族の心も
わたしの心もまさにそういうものだな


でも駄目だとあきらめずに
何度も何度も

出来るまで稽古だ

階段


f:id:fonwaka3:20180426120846j:image


先日久々に母の夢を見た
といっても僅かな時間だった気がするが
それはどこかの道を歩む母の後ろ姿だった

それからまた数日後くらいだったか
何もしていないのに
なぜか左足の膝小僧が痛み出した

最初は気にもとめなかったが
その痛みは日に日に増していき
歩くのにも困るぐらいになったので
大祭前の時期ということもあり
念のため病院へいくことにした

検査の結果、骨には異常なく
膝の脂肪組織に炎症が起きているとのことで
湿布薬を処方していただいた
左足に体重をかけると痛みが走るので
特に階段を昇る時には
左足を庇いつつ右足だけに重心をかけるように
一歩一歩昇るというかんじだった

痛みのある最中のわたしの心には
「大丈夫かな?治るかなあ?」
「大祭が近いのにまいったなあ」
そんな心配で頭がいっぱいだった
うちの教会は2階がお広前なので
準備の御用となると
1階と2階の往復で上下の動きが多いからだ


その後湿布が効いたようで左足は日に日によくなり
階段も普通にトントンっと軽快に昇り降りが
出来るまでにおかげを頂いて治った

そんな矢先に
ある先生の教話が掲載されている冊子に出会った
そしてその本を拝読しながらハッと思い出されたことがあった
それは「階段を一段一段昇る母の姿」である

母はわたしが中学生の頃
脳梗塞になり左半身不随の障害がのこった
さらにそれから11年後に父が亡くなってから
母はその後を受けて教会長の御用をさせて頂いた
特に教会長として御用に立たれた7年間
不自由な身体であったが
毎日毎日、階段をあがって2階の御広前へ
出仕し御用にお使い頂いた

その日常の母の後ろ姿が思い出されたのである

そしてその母の姿が
先日まで痛い左足を庇って
階段を昇っていた自分の姿とだぶった

しかし
姿は同じようでも
母とわたしでは
心根が違ったということにも気がつかせて頂いた

わたしは心配しながらの一歩一歩だったが
母は「金光様」と祈りながらの一歩一歩だった

その違いがいよいよハッキリと分からされた

さらに
心身の健康を頂いている状態のわたしの日常
つまりトントンと軽快に階段を昇ることが出来ているわたしには

祈りがないことに気がついた

その母の後を継いで13年が経とうとしているが
「受け継ぎきれていない自分」を思い知らされている

いくら軽快に階段を昇ることが出来るわたしでも

金光様と祈りながら一歩一歩足を進める母の後ろを歩ませて頂いていることを忘れてはならないと
改めて思わされている

 

 

 

明玉(あかるたま)

タイトルは
今お稽古中の典楽の曲名だ

比較的短い曲だけど
わたしには非常に難しい曲に思える


ちなみに歌詞をご紹介すると

「明玉(あかるたま)あかるたま
 透(すき)徹(とお)りたる こころもて
     仕えまつらむ みまつりののり」

 

最初さっぱり歌詞の意味が分からなかったが
稽古させて頂きながら
何となくではあるがつかませて頂いた気がする

わたしが特にズキンとくるのは
「すきとおりたる こころもて」
という歌詞だ

つまり近頃、自分の心が
にごっているなあと感じている(^0^;)


これまで沢山のおかげを頂いてきた
それは決して当たり前ではないことだけど
なんだかその上にアグラをかいてしまって
喜びを忘れてしまってるなあと思う

特に自分に頂いている御用に対しての姿勢が

崩れ、喜びが薄れてしまっているのだ

 

この曲とのご縁も
そういう時だからこそなのかもしれない

 

というか絶対そうだ。。。(^^;)

 

ただただ
この曲の心がちゃんと頂けますように。。

と願いつつ

心も技も稽古あるのみだなあ。。