読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやごころ かみごころ

金光教の教会で御用させて頂く日々の中で感じた神様の話

凛として

昨日は同じ連合会内の教会の
教会長先生の終祭にお参りさせて頂いた

4月に脳梗塞でお倒れになってから
寝たきりとなられていた
一度お見舞いに行かせて頂きたいなあ
と思っていた矢先の訃報だった

先生と初めてお会いしたのは
わたしが学院生の時
コース別研修の講師として学院へ
お越しになった時だ

「あなたのお父さんにはお世話になってるんですよ。女の身で教会長にならせてもらったばかりの頃、連合会の行事でお会いするたびよく声をかけてくださって励ましてくださった」
と声をかけてくださったのが最初だ

黒衣をお洒落に着こなされ
凛として講義されるお姿が
とても印象的だった

その後わたしが教師にお取り立て頂き
連合会の行事などでお会いするたび
明るく声をかけてくださった

当時先生は未信奉者であられたご主人と
結婚され大阪でお仕事をされるご主人とは
別居の状態で教会の御用をなさっていた

いろんな夫婦
いろんな教会
いろんな御用のあり方があるんだなあと
思わされ
先の見えない不安に押しつぶれそうな
当時のわたしの心に勇気を頂いていた。

その後そのご主人も教師にお取り立て頂かれて
妻である教会長先生を支えられた
ご夫婦にお子さんはおられなかったが
いつもお二人で会合などに出席されるお姿は
わたしの憧れの姿にも思えた

ご主人先生が
お国替えされたのが約2年前
さぞお力を落とされてあるだろうと
心配だったが


先生はお独りになられても
お会いしたときには
身だしなみはいつも完璧で
いつお会いしても
背筋はピンとされていた


わたしが最後にお会いしたのは
お倒れになる一週間ほど前


連合会の教師会に遙々出席されていた
午前中のみの出席ということで
途中で退席される先生をその場で見送るのが
なんだか忍びなく
駐車場まで送らせて頂いた
ご主人がお国替えなされてから
交通の手段がなく
なかなか連合会の行事でお顔を拝見することが
少なくなっていたので
どうやってこの会場まで来られたのか
伺うと
知り合いの人にお願いして乗せてきてもらった
そうなのだ
そうまでしてご出席くださったその先生の気概に
圧倒されていると
「死んだと思われたらいけんから(笑)」とケラケラとお笑いになられた

しかしその笑顔の奥で
どんなご修行があられたかと思うと
改めて心を引き締められる思いがした

そして

「またお会いしましょう!」と笑顔で別れた

 

 

葬儀に掲げられたご遺影には
きらきらするような笑顔で
写っておられ

まるであの日の延長のように思われた

そのご遺影は
先生自らが用意されていたそうだ

 人を助ける身にならせて頂きたい

その願いのままに一生を貫かれた

その真っ直ぐで潔い先生の生き様は
またわたしの心に勇気を与えてくださった

 

 

 

先生の御霊の道立てと
ここからの教会のお立ち行きをお祈り申し上げます