読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやごころ かみごころ

金光教の教会で御用させて頂く日々の中で感じた神様の話

煮え切らない日々

久々の更新
精神的に余裕なしの毎日に加え
ここ最近
とてもショックなことが続き
夏の疲れもあって
少し鬱々な日々を
実は送っている

出来れば
明るく前向きな気持ちで
ブログを更新したい

でも今回は少し
いや、かなり鬱っぽい気持ちを
吐き出します

暗い気持ちになりたくない方は
これ以上は読まないでください

 

 


ここ最近立て続けにショックなことが
起きた。
しかも、それは初めてではないことだ
以前にも
同じようなことに出くわしたことがある

またか!という思い
そして
悪い方向にしかいかないわたしの思考
わたしはこの壁を乗り越えて
おかげに出来るだろうか?という疑念との戦い

これまで取り組んできたことが
積み重ねてきたことが
見事に足元からすくわれて
しまうような衝撃を受けて
わたしは
面くらってしまった

神様は本当に厳しい
容赦がない
自分の信心が
如何に薄っぺらいものかを
目の当たりにさせられるような
出来事

本当に挫けそう
でもなんとかギリギリで
持ちこたえている状態

負けてたまるか!
誰に?
弱っちょろな自分に

こういう修行が
一生続くのだ


そんな時
教会連合会の臨時総会が開催された
次期連合会長の選出が
揉めに揉めた上に
結局時間切れとなっても
決まらないという
非常事態となった


わたしはその総会で司会の御用を
させて頂いたが
その様相は
本当に異様だった

詳しくは言えないが
それぞれが
教会の諸事情を持ち出して
みんなまるで

「逃げとけ 避けとけ 回っとけ」状態

わたしはとても憤りを感じた
誰も受けないならわたしが受けてやる
正直そう思った  
とはいえ
実際私の手元はそれどころではない
手元が覚束ない状態
しかし
絶対言い訳はしたくなかった

でも

へんな意地で受けたところで
おかげにならないということも
わかるから黙っていた

それからというもの
ずっと考えている

御用って何だろう?
信心とは?

自分は安全な場所にいて
もっともらしく語っていて。、。
しかしそれは「ホンモノの情熱」だろうか?

私自身
毎日の自分が
毎日毎日中途半端で終わっている

だから言う資格はないけども

でも
「大変だー大変だー」と喚いても
見苦しいだけではないか?

大変な中にも
黙って逃げずに
神様からの差し向けと信じて
受けていこうとするところに
神様はおかげをくださるような
気がする

それが間違いなく
このお道の教師の修行

連合会の御用も神様の御用に違いない
神様の御用は
暇があるからするのか?
生活に余裕があるからするのか?

いや、
暇があろうがなかろうが命がけでするものだ
だって
かつてのお道の教師がそうであったように
いやさらにさかのぼって
教祖様の生き様がそうだったではないか?

 

 

なんだか煮え切らない日々を送っているこの頃だ


とはいえ
今は手元をしっかりおかげ頂くしかないのだ