読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやごころ かみごころ

金光教の教会で御用させて頂く日々の中で感じた神様の話

神様に喜ばれる演奏を

信心 御用

少しまた更新が遠のいてしまった。
おかげで体調はよく
忙しくさせて頂いている

昨日から教会では夏期信行期間に入った
とは言っても実質、教会長(わたし)だけの
取り組みになっているのが現実だ
それもまともには出来ていないが
それでも精一杯「させて頂こう」と
いう気持ちにならせて頂けることが有り難い
体調が良いから心が前向きにもなれる

この7月はいつもに増して忙しくなりそうだ。
今は特にわがこどもたちと共に
親教会にお引き寄せ頂いて
目下、1ヶ月後の金光教少年少女全国大会に
向けてブラスバンドの練習中だ。

今年は殊に特別で
親教会ブラスバンド
わかば祭の式典バンドを担当することとなられた
親教会では今年が開教100年という御年柄でもあり
早くからブラスメンバーの皆さんは忙しい合間を縫って自主練習をされている

わたしたち親子は一昨年から
歴史ある親教会のブラスバンドのお仲間に入れて頂いて
参加させて頂いている

参加させて頂いておりながら、
なかなかスケジュールが合わず
練習にほとんど出席出来ていないことが
心苦しい
しかしそんなわたしたち親子を
親教会の皆さんはあたたかく迎えてくださっている
だから何とかお役に立たせて頂きたいと思う

長女はアルトサックス
長男はトランペットとタンバリンを担当
二人とも大の練習嫌いなので
お世辞にも上手とは言えないが
何とか投げ出さずついていこうとしてくれているのが有り難いと思う
ちなみに次男はマラカスを適当にふっているが
本人はいたって真剣だ(笑)

わたしは昨年まではスネアドラムだったが
今年からトロンボーンをさせて頂くことになった

トロンボーンも中学の部活以来だ

わたしは中学の時は吹奏楽部に所属していた
中学2年の後半から引退までの実質1年間
トロンボーンを吹いていた。

中学3年になってしばらくして
顧問の先生が
近くの短大付属高校の器楽科の入試を受けないかと声をかけてくださった
わたしは認められたことがとてもうれしくて
すぐさま両親に相談したが
大反対にあった
音楽家になるために生まれきたんじゃない
お道の教師にならせてもらって教会を後継
する以外にお前の道はないとたしなめられた

あきらめるしかなかった

母は脳梗塞で半身不随
父も年老いている状態であり
教会の御用をひとりでさせて頂いてた状態
だから
それ以上ワガママは言えなかった

もう音楽の道には進めないんだ
と思うと逆に私の心は頑なになってしまった
高校では吹奏楽部にあえて入らなかった
どうせ3年間頑張っても
その先で止めて学院に行かなければならない
そのようにしか考えられなくて
音楽から、特にトロンボーンから身を遠ざけてきた

あれから30年。。。(笑)

身も心も「オバサン」と化したわたしの目の前に「これがあなたの楽器です」と
トロンボーンを頂いた時には
手も心も震えた

神様が「吹いていいよ」と用意してくださった気がした。

そして恐る恐るふいてみた。。。

見事に吹けなかった!_| ̄|○

もう少しまともに吹けると思っていたけど
30年のブランクの大きさを改めて感じて絶句(^^;)




今振り返ってみて思うこと

あの時のわたしの実力では
器楽科を受けることが出来たとしても
結果は知れていたと思う

ただわたしとしては当たって砕けたかったのだ
でも、当たってみることさえ許してもらえなかったことが何よりつらかった

再びトロンボーンを手にさせて頂いて
改めて思う
これは
神様が用意して下さった舞台だ 

だから今度は悔いのないよう
神様に喜んで頂ける演奏をさせていただきたい

親教会の皆さんや演奏を聴いて下さる皆さんにも喜んで頂ける

そして自分も嬉しい演奏をさせていただきたい


そのように願いつつ
練習の日々である